実用レトロ腕時計G-SHOCK GW-M5610

メタルバンドのクロノグラフもいいですが、1983年に発売されたDE-5000Cのデザインを受け継いだG-SHOCK GW-M5610 がクール。樹脂バンドにデジタル表示のフェイスはそのスタイルを変えず、タフソーラー(ソーラー充電システム)や時刻を自動調整してくれる電波受信機能と言った現代のテクノロジーを搭載しています。もちろんシリーズ名の由来であるショックレジストは採用されており、アウトドアやスポーツなど腕時計にとって過酷な状況下でも安心。どうしても経年劣化の避けられない樹脂バンドですが、時計販売店などで交換可能です。また、樹脂であるからこそ、装着したままノートパソコンのキーボードを叩いてもキズがつきにくく、実用的な使いやすさが魅力。

旬のスタイル

近頃80’sや90’sのファッションスタイルが流行しています。ユルめのボトムスに派手なカラーリングのトップスをタックイン。ボリュームのあるスポーツウェア。膝上丈のショートパンツに白T…。リアルタイムに生み出されたGW-M5610は当然これらのスタイルによくハマります。またジャストサイズのジャケットを中心としたプレッピーな服装のハズしとしてもオススメ。

リーズルナブルなプライシング

GW-M5610の実勢価格は1万円強から。ブランドネームがあり質実剛健な腕時計としてはとても魅力的な価格設定です。老若男女問わずにつけられるのもグッド。ライフスタイルに合わせて、平日のメイン機としても週末のサブ機としても使えるので、1本あると重宝します。G-SHOCKには多数のモデルが用意されているので、万が一GW-M5610にピンと来なくてもお気に入りが見つかる筈です。

安い腕時計こそ価値がある

メンズ腕時計 Franc Temps/フランテンプス gavarnie/ガヴァルニ腕時計を楽天市場で購入しました。金額は7,980円です。 2014年ver クロノグラフ【1年延長保証】
特徴は10気圧防水と左腕用に仕上げておりまして手へボタンがぶつからないように工夫されています。概ね時計は時間を見る物なので左腕につけると思います(一部例外で右腕でファッションとして付けている人)
こちらの商品は楽天市場で2014年腕時計ジャンルのランキングにおいて1位に輝いた商品です。

色も多数ありましてレンズ中の文字盤の色がブルーとオレンジとホワイトとブラックの四種類があります。同じ時計を二つも持つことはないと思いますが腕の周りのフレームの部分がホワイトのタイプもあるので服装や場所で変えてみるのも良いかもしれません。

使用してみて感じた事は見た目によらず軽いです。軽いので時計をしている感覚が腕に残らないです。その他にはもう1年以上使用しているのに時計の裏のシールが水に濡れてもはがれないことです。神経質な方であれば小さい傷をきにすることもあると思いますのでシールがはがれにくいことも良い点の一つです。

最後にビジネス用で使用できるので仕事場やプライベートでも活用ができます。
http://dsl-shop.net/

腕時計はちょっと背伸びしていいものを選ぶ

腕時計を選ぶときに何を一番重視して選ぶでしょうか。自分が選ぶときには、自分の収入や立場を考えて、それに見合った腕時計よりも少しだけ背伸びしていいものを選ぶようにしています。

なぜ少し背伸びをするかというと、そのほうがこれからも仕事や夢に向かってがんばろうという気持ちになれるからです。腕時計は毎日といっていいくらい身に着けるものなので、付けていて意味のあるものであってほしいと思っています。ですからなんとなく買うことはありません。

腕時計を見ればその人が分かるとも言いますが、まさにそうだと思います。腕時計でものすごく高価なものを付けていれば、それだけのステータスがある人物なのだと想像します。もしかしたら身の丈とはかけ離れている人もいるかもしれません。ですが、ちゃんと自分に合ったものを付けている人は見れば分かります。

何も高価なものだけがいいとは思いませんが、いいものにはそれなりの値段がします。その値段に自分が見合うかどうかが大事です。

少しだけ背伸びをしていると、もしかしたら自分も身の丈に不相応と思われているかもしれないです。ですが、その腕時計が糧になるのならば、それでがんばれるのならば、胸を張って身に着けます。

腕時計を選ぶならオメガがおススメ

私は自分の腕時計をオメガにしています。スピードマスター、シーマスターなど3つ持っています。

何故これにしているかというと、これは価値観の問題ですが、私は男性がそれなりの年齢になり、社会的な地位を得るようになったら、腕時計などの小物もそれなりのものにするべきだと思っているからです。

しかし、ただ高い腕時計を突ければいいということでもないと思います。もちろん、数百万円の腕時計をしている人もいて、それはそれでいいと思いますが、私自身は、華美で不相応に高いものもまた、自分にはそぐわないと思っているので、基本的には50万円前後の腕時計を選んでいます。

そういうクラスの腕時計はたくさんありますが、その中でもオメガは、華美にならず、むしろ「時間に正確」という意味では質実剛健系の腕時計なので、自分の好みや社会的地位にあっていると思います。

加えて、オメガはアポロ宇宙飛行士の正式な支給時計である点や、アポロ13号が事故を起こした時にオメガの時計で時間を測って逆噴射を働かせて無事に地球に戻れた、などの「物語」を愛しているので、よりオメガに対しての思い入れが強いと言えると思います。

今のところ3本持っていて、これで十分ではありますが、もう1本完全にオフタイム用のオメガもほしいなと思っています。

腕時計の好みも色々。最近の傾向について

腕時計は時間を知る道具として、長く人々に愛用されています。道具としての腕時計も、最近はファッション感覚で利用する傾向が強くなっています。腕時計の傾向について見てみましょう。

腕時計と言えば、以前は高級感を求める傾向が強かったものです。海外製の精密さを誇る時計や有名ブランドの時計など、高額のモノに人気がありました。現在もその傾向はありますが、最近特に人気が高まっているのが、ファッション性の高い比較的安価な値段で購入できるタイプです。

ダイバーズウオッチや次々に新デザインが発売される腕時計は、変わらぬ人気を誇っており、オリジナル性を追求する傾向が強くなっています。腕時計もオシャレのツールとして利用できるタイプです。オリジナル感が強い人気デザイナーのものや、数量限定品などはすぐに売り切れる場合も多く、注目される腕時計と言えます。バンド部分でファッションを楽しめるタイプも人気があります。バンド部を付け替えできるものがその一例です。

また洋服ではプチプライスの商品が人気ですが、その傾向は腕時計にも影響しています。数千円で購入できるオシャレな時計を好む人も増え、色々揃えてその日のファッションに合わせて選ぶ人もいるようです。

このように腕時計の好みは、以前よりも幅が広がっており、ファッション感覚で使うと傾向が強くなっていると言えそうです。

家族の腕時計をホームセンターとインターネットのお店で購入して

40代の主婦です。

2人の子供が中学生になる頃、子供に腕時計のプレゼントをしました。

また夫にも買ったことがあるため、私一人で家族中の腕時計を買っていることになります。

携帯時計を持つようになって、そちらを見れば時計の表示は載っているのですが、スマートフォン時代になって電池の節約が大事になったので、今また腕時計の良さが見直されていると思っています。

私が最初に買ったのは夫の腕時計で、近所のホームセンターの時計売り場で適当な商品が置いてあったので、値段を見て夫の好みに合いそうなものを選んで買っていました。

夫はアナログの針の腕時計が好きで、ベルトはあとから切れるとわかっていて、革製のものを好みます。

1万円くらいのものを5年くらい使って、現在は2つめのものです。

次に、中学生になった息子の腕時計を買い、何年かしたのち、同じく中学生になった娘の腕時計を買いました。

うちの子供たちは二人とも、中学校で陸上競技の部活に入りました。

走ったときのタイムが測れるといいなということで、ストップウォッチ付きの機能の腕時計を買いました。

2人とも、5000円前後のものだったと思います。

ホームセンターでも腕時計を探してみたのですが、1000円と安価で電池が買えられないか、1万円以上して中学生が持つには高すぎるものか、どちらかしかありませんでした。

インターネットのお店では、画面に希望価格を入れると、その価格帯の商品一覧が表示されたりして、条件に合った腕時計を探しやすかったです。

自分の目で商品を選べるホームセンター、検索条件を入れると希望とマッチングしやすいインターネットのお店、どちらも腕時計を買う上で、それぞれ便利でとてもお世話になりました。
http://lk-shop.net/