私の思い出の腕時計たち

腕時計といわれて思い出す腕時計が私には二つあります。一つは大学入学時に購入したものです。大学に入ったら使うだろうからと、母と選んだものでした。ブランドものでは全くなく、それほど高い値段でもなかったし、しかもホームセンターで購入したものでしたがとても気に入っていました。

カジュアルな布地のバンドにブラックの文字盤、ソーラーパネルで動く腕時計でした。とてもとても気に入っていてバンドが擦り切れてしまうほどでした。バンドも交換したのですがやはり以前の物が気に入っていたので、交換してからはさほど使用しなくなってしまいました。

そんな時に誕生日に好きな物を購入しなさいと両親に言われたので、当時大好きだったブランドの時計を買ってもらいました。ヴィヴィアンウエストウッドのシルバーの時計でした。

私にとって初めてのブランド物の時計です。こちらもお気に入りでずっと使用していました。電池が終わったときにはきちんとお店で交換してもらい、今でも大切に使っています。

ソーラーパネルの時計も今は全く使っていませんが大切な物なので大事にしまってあります。他の時計も何個かありますがこの二つは私にとって思い出深い大切な腕時計たちなのです。