もう少し高価なものを選べばよかった腕時計

二十歳のお祝いに購入したオメガの腕時計、実はもうすぐ使いだしてから二十年になります。一度も壊れずに、電池の交換はするものの、ずっと時を正しく刻んでくれています。

日常生活用防水ですが、うっかりつけたまま、海に飛び込んでしまったこともあります。長年つけていても、痛んだ感じもなく、いつも美しく腕を飾ってくれる時計に、良い物を選んでよかった、という思いと、ほんの少し胸が痛む後悔の思いでがあります。

二十歳の時、ダイヤが入った時計で、文字盤がシェルの、もうひトランク上の腕時計が欲しかったのですが、ダイヤの入っていない、文字盤がシェルのグラデーションでないタイプの時計を選んでしまったのです。つまり、ちょっとだけ安い物を選んだのです。こんなに長い間使える時計なのでしたら、あの時もう少しお金をプラスして、最も欲しい時計を選ぶべきだったな、と未だに想ってしまうのです。

腕に、ダイヤがいつも輝いていたら素敵です。

しかし、買いなおすにいたしましても、ダイヤと文字盤にしか違いがありませんから、心境は複雑になってしまいます。

ちなみに、母から、手巻きのオメガもこのほど譲りうけました。既に、四十年以上使われた時計で、未だに壊れずに使える状態です。

時計は、一番欲しいものを選びたいものです。

EDOX腕時計を購入するきっかけ

私は四年前くらいにEDOXの腕時計を買いました。その購入に至るまでの話をします。

EDOXの腕時計を買うまでは私はGショックしかもっていませんでした。なので一本高い時計が欲しいと前から思っていました。それでいろんな店にいき色々物色していました。まだロレックス以上は自分の身分では似合わないと思っていたので、それ以下で探していました。調べたり探していたりしていたときに価格と知名度でいいなと思ったのがタグフォイヤーでした。タグフォイヤーの売っている店に仕事休みに見にいきました。そしてタグフォイヤーの現物を見たのですが実物は自分にはしっくりこず他の商品を見ているときに目に入ったのがEDOXだったのです。

名前は聞いたことある程度で雑誌LEONに載ってる程度の知識しかありませんでした。しかし実物はサイズも大きめで自分好みで一目惚れしました。EDOXのコーナーを私が見ていると店員さんが今年の限定500本のがあるんですけど見ますかといわれて見せてもらったらもう一目惚れしました。それは時計に限定番号が刻印されており形も色もカッコよく自分がだせる金額以内だったからです。

そしてほぼ即決に近い形で腕時計を購入しました。また飽きたら買い足せばいいと言う気持ちで買いましたし今でも気にいって使っています。

フォーマルからカジュアルまで、今人気の女性用腕時計

実用性はもちろんのこと、そのファッション性から性別を問わず人気なのが腕時計です。特に女性は服装や気分によって異なるデザインの腕時計を身につけたくなるものです。

そこで今話題の女性用腕時計がどんなものか探っていきたいと思います。

まず通販サイトで話題なのがダニエルウェリントンです。

とてもシンプルなデザインであり、フォーマルはもちろんのことカジュアルにもうまく溶け込みます。またシンプルな見た目だけではなく、手首につけた時に違和感なくフィットするところも高評価を得ています。

そのオシャレなダニエルウェリントンですが、お値段がリーズナブルであることも人気の秘密です。

国内メーカーの時計で注目なのがセイコーのLUKIAです。

セイコーの腕時計の少しハードなイメージの中に女性らしさを融合させたソーラー電波時計です。

休日のラフなスタイルにも合いますし、もちろんビジネスで毎日使用する方にも好評です。

たまには遊び心を盛り込みたいという方に相変わらず人気なのがカシオのBaby-Gです。

軽い見た目がカジュアルのアクセントにピッタリと、若い女性には好評です。

かわいい見た目だけでなくハードな環境にもタフに対応できるため、スノボなどスポーツ時に使用できることも人気になっています。

腕時計も重要なファッションアイテムです。シーンに合った腕時計で日常を彩るのも素敵ですね。

腕時計のベルトは買い換えるべきか?

「ベルトの方が高い腕時計もある」などと大声で言ったところで、まあ知っている人も多いでしょう。とくに安価な腕時計となりますと、かえってベルトの方が高くつくことがありますからね。子供が身につける腕時計となりますと、そのパターンになることも多いのです。

子供の腕時計はビニール製のベルトがつけられているものもありますので、そうなりますとベルトがちぎれたからといって買い換えると、かえって高くつくこともありますからね。ベルト単体のみで販売されているものは、それなりに良いベルトになりますので、当然値段も高いわけです。

ですから、それならば腕時計ごと買い替えてしまう方がいいと言えるでしょう。とうに子供用の腕時計ともなると、その方がいい場合が多かったりしますからね。けれども大人の腕時計ともなりますと、話は違ってきますから。

大人用の腕時計は時計部分が精巧に作られているものが多いですので、ベルトよりも時計本体の方が値が張ることが多いのです。そしてだからこそ、ベルトにしても高めのものをつける価値があるというものでしょう。まあ、時計本体が気軽に買い替えられる価格ではなかったりしますからね。

まあ何事も、本体との価格を基準に考えることが大事でしょうけれど、しかし腕時計はベルトも含めてひとつの商品ですから、自分の中での価値観に見合う価格ならばたとえ高価なベルトでも支払う価値はあるのではないでしょうか。

腕時計のオメガは色々比べると賢い買い物ができます

私は30代半ばの会社員の男性です。

腕時計を買おうとした場合は当然予算があるので

パテックフィリップやウブロ等のブランドは

300万円や500万円場合に依っては数千万円し、まさに

腕時計界のロールスロイス・ベントレーなので

なかなか手が出ません。

そこで100万円以内でも十分取り扱いのある

オメガに的を絞りあらゆる時計雑誌を読み調べました。

ただ安いだけでなく、たまにしか買わない買えないので

価値あるもの豪華なもの、そして納得のいく腕時計を

買いたいと思いました。

そのなかで時計雑誌のお得ランキングにも1位に

掲載されていたオメガのシーマスタープロフェッショナル

が気に入り購入しました。

購入金額は35万円ぐらいでした。

なぜ、この腕時計が気に入ったかというと

ロレックスのサブマリーナに似た

デザインで青の文字盤が丸い枠で囲まれで

日付表示もあるものだったからです。

一目で高級感があるのが分かります。

私が購入した物はシーマスタープロフェッショナルでも

非常に安価でありました。もっと高いのは防水性が400m・500m

耐えられるものです。私の購入した物も300m防水性があるそうですが、

そもそも風呂に入るレベルで腕時計を外しているのでそこまでの

防水性は必要ありません。

私は百貨店や街角で私のオメガに似た腕時計が100万ぐらいで

売られているのを見て一人にんまりしています。

腕時計のバンドが壊れた

腕時計のバンドが壊れたときに、新しい腕時計を買おうかバンドだけ変えようかで迷いました。

お安くしたいのならバンドだけ変えるほうがいいのですが、この腕時計は長く使い続けたものなので、もう買い換えてもいいとも思っていたときでした。新しい腕時計をつけたら気分が変わるし、これを買い替えるいい機会に、とも思いました。

けっきょくバンドを取り換えることにしたのですが、バンドの価格は思っていたよりも上から下までの幅が広く、迷いました。

時計そのものが高級ではないのにバンドだけ高級にしてもおかしいですから・・と思って、上質に見えるお安いものを選びました。これがさすがにいたみやすいです。なので少し後悔しています。もっと高いものでもよかったかなと・・。思い切って腕時計を買い替えたほうがよかったかも・・とも思います。

このこととは関係ないことですが、腕時計を手作りできることを最近知りました。手作り雑貨のお店で時計の部分だけが売られていて、そのバンドを自分で作ることができるのです。手芸が好きな人なら楽しいと思います。フォーマルな場所には合わないと思いますが、カジュアルなファッションでいられるようなところだったら、そういう腕時計でいいかもしれません。

とあるアクシデントで完全防水タイプの腕時計の有難さを実感

腕時計の防水条件についてこれまで特別深く考えた事が無かった私ですが、先日その考えを改める様なアクシデントがあり、その有難さを実感したものです。

とある休日、いつもの様に近隣の河川の河口に釣りに出掛けた私。ポイントは100メートル近く幅のある河川であり、その中のポイントへは下半身を水に漬け、ウェーディングにてエントリーするより方法はありません。

しばらく釣り続けたもののアタリは無く、ポイント移動をしようと浅瀬へ歩き出したその数10メートル先、川床の石に躓き転んでしまい、上半身までもザッパリ水に浸かってしまったのです。

もちろん手にしたロッドやリールも完全に水に浸かってしまい、その後の釣りは全てパー。膝程度の水深で大事にはならず助かったのですが、完全防水ではないリールはメーカーの修理送りとなってしまいました。

それとは対照的に、20気圧防水が施された愛用のクロノグラフは全く何とも無し。その防水性や防錆性、耐久力の高さを再認識すると共に、危険なアウトドアではこの様な完全防水の腕時計が必要不可欠である事を痛感させられたのです。

今後もこうした場面で生活防水程度の腕時計を着用する事は全く考えていませんが、更に過酷な条件への適応性があるアウトドアタイプへの憧れが強くなってしまったのは言うまでもありません。

三人娘へ、就職祝いの腕時計選びは、夫の喜び

我が家には三人の娘がいて、それぞれ社会人として働いています。

長女が就職するとき、夫は長女に腕時計を送りたいと言いました。

女の子ばかりで、お誕生日やクリスマスプレゼントも

あまり出番がなかった夫は、やっと、娘のためにプレゼントが選らべるチャンスがやってきたのが、嬉しかったのでしょう。

それはそれは、一生懸命こだわって、時計を選びはじめました。

夫は時計には機能より、デザインを重視するタイプ。

サファイアグラス。長女の好きな金色のバックル。

デザインが優れているもの。でもあまり見にくいものはダメ。

プレゼント選びは数カ月に及び、何軒もお店を回った挙句

やっと、気に入った腕時計が見つかりました。

受け取った長女は大喜び。

「さすがお父さん!デザインがすてき」

という言葉を聞いて、

夫は本当に嬉しそうでした。

2年後に次女が、その3年後に三女がそれぞれ就職をしましたが、

そのたびに、夫は時計探しに翻弄しました。

それぞれの個性も考えて、次女にはちょっと変わったデザインのものを。

三女には、シンプルなものを。

「お父さんってなんで、私の好みがわかるんだろう」

との嬉しいリアクションの娘たち。

夫にとって、至福の時だったようです。

一昨年長女はお嫁に行きました。

今度は、男物の時計をプレゼントしたいと

パンフレットを集めている、夫です。

http://ggm-shop.net/

実用レトロ腕時計G-SHOCK GW-M5610

メタルバンドのクロノグラフもいいですが、1983年に発売されたDE-5000Cのデザインを受け継いだG-SHOCK GW-M5610 がクール。樹脂バンドにデジタル表示のフェイスはそのスタイルを変えず、タフソーラー(ソーラー充電システム)や時刻を自動調整してくれる電波受信機能と言った現代のテクノロジーを搭載しています。もちろんシリーズ名の由来であるショックレジストは採用されており、アウトドアやスポーツなど腕時計にとって過酷な状況下でも安心。どうしても経年劣化の避けられない樹脂バンドですが、時計販売店などで交換可能です。また、樹脂であるからこそ、装着したままノートパソコンのキーボードを叩いてもキズがつきにくく、実用的な使いやすさが魅力。

旬のスタイル

近頃80’sや90’sのファッションスタイルが流行しています。ユルめのボトムスに派手なカラーリングのトップスをタックイン。ボリュームのあるスポーツウェア。膝上丈のショートパンツに白T…。リアルタイムに生み出されたGW-M5610は当然これらのスタイルによくハマります。またジャストサイズのジャケットを中心としたプレッピーな服装のハズしとしてもオススメ。

リーズルナブルなプライシング

GW-M5610の実勢価格は1万円強から。ブランドネームがあり質実剛健な腕時計としてはとても魅力的な価格設定です。老若男女問わずにつけられるのもグッド。ライフスタイルに合わせて、平日のメイン機としても週末のサブ機としても使えるので、1本あると重宝します。G-SHOCKには多数のモデルが用意されているので、万が一GW-M5610にピンと来なくてもお気に入りが見つかる筈です。

安い腕時計こそ価値がある

メンズ腕時計 Franc Temps/フランテンプス gavarnie/ガヴァルニ腕時計を楽天市場で購入しました。金額は7,980円です。 2014年ver クロノグラフ【1年延長保証】
特徴は10気圧防水と左腕用に仕上げておりまして手へボタンがぶつからないように工夫されています。概ね時計は時間を見る物なので左腕につけると思います(一部例外で右腕でファッションとして付けている人)
こちらの商品は楽天市場で2014年腕時計ジャンルのランキングにおいて1位に輝いた商品です。

色も多数ありましてレンズ中の文字盤の色がブルーとオレンジとホワイトとブラックの四種類があります。同じ時計を二つも持つことはないと思いますが腕の周りのフレームの部分がホワイトのタイプもあるので服装や場所で変えてみるのも良いかもしれません。

使用してみて感じた事は見た目によらず軽いです。軽いので時計をしている感覚が腕に残らないです。その他にはもう1年以上使用しているのに時計の裏のシールが水に濡れてもはがれないことです。神経質な方であれば小さい傷をきにすることもあると思いますのでシールがはがれにくいことも良い点の一つです。

最後にビジネス用で使用できるので仕事場やプライベートでも活用ができます。
http://dsl-shop.net/